« 【観光】信玄餅が次々と出て来て可愛いです❤️桔梗屋工場見学(山梨県笛吹市) | トップページ | 【クラシック】マツーエフのラフマニノフにびっくり仰天(ゲルギエフ/マリインスキーが劇場管弦楽団) »

2017/12/14

【オペラ】ゾフィー役のゴルダ・シュルツが可愛いね「ばらの騎士」新国立オペラ

20171203_165021_1
 今回はにゃん子が病欠で、一人で観に行ってきました。にゃん子の席は、とっても高価な荷物置き場に。

 「ばらの騎士」は久しぶり。でも、何度観てもいいオペラですね。お洒落で流麗で、胸ときめく恋もあればドタバタのお笑いあり。そして漂う哀愁。大人の最高のエンタテイメントです。

 今回はオクラヴィアン役のダニエラ・シンドラムが来日できなくなったのがとっても残念。代役のステファニー・アタナソフももちろんとっても素晴らしいのですが、前回の2015年の「ばらの騎士」でも同じ役。オクタビアンやファーニナルも前回と同じ歌手だったので、全体にちょっと既視感がありました。

 前回と違う歌手としては、元帥夫人のリカルダ・メルベートは、『さまよえるオランダ人』のゼンタや『ジークフリート』のブリュンヒルデを聞きました。時の流れを憂いつつ若い世代に未来をたくしていく気品ある元帥夫人でした。

 また、ゾフィー役のゴルダ・シュルツは、ちっちゃくて可愛らくして、令嬢というより可愛らしいお嬢さんという感じ。高音が鈴の音のように澄んでました。

 ジョナサン・ミラー演出の舞台装置も悪くないですが、やっぱりばらの騎士の登場シーンは、舞台正面の階段の上から降りてくるのがぽん太は好きです。まばゆいばかりの美しい若者の登場に、ゾフィーと同じ気持ちで胸をときめかせたいところ。


オペラ「ばらの騎士」/リヒャルト・シュトラウス
Der Rosenkavalier / Richard STRAUSS

新国立劇場オペラパレス
2017年12月3日

公式サイト
http://www.nntt.jac.go.jp/opera/performance/9_009637.html

指揮:ウルフ・シルマー
演出:ジョナサン・ミラー
美術・衣裳:イザベラ・バイウォーター
照明:磯野 睦
再演演出:澤田康子
舞台監督:大澤 裕

元帥夫人:リカルダ・メルベート
オックス男爵:ユルゲン・リン
オクタヴィアン:ステファニー・アタナソフ
ファーニナル:クレメンス・ウンターライナー
ゾフィー:ゴルダ・シュルツ
マリアンネ:増田のり子
ヴァルツァッキ:内山信吾
アンニーナ:加納悦子
警部:長谷川 顯
元帥夫人の執事:升島唯博
ファーニナル家の執事:秋谷直之
公証人:晴 雅彦
料理屋の主人:加茂下 稔
テノール歌手:水口 聡
帽子屋:佐藤路子
動物商:青地英幸

合唱指揮:三澤洋史
合唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:TOKYO FM 少年合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

|

« 【観光】信玄餅が次々と出て来て可愛いです❤️桔梗屋工場見学(山梨県笛吹市) | トップページ | 【クラシック】マツーエフのラフマニノフにびっくり仰天(ゲルギエフ/マリインスキーが劇場管弦楽団) »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66132888

この記事へのトラックバック一覧です: 【オペラ】ゾフィー役のゴルダ・シュルツが可愛いね「ばらの騎士」新国立オペラ:

« 【観光】信玄餅が次々と出て来て可愛いです❤️桔梗屋工場見学(山梨県笛吹市) | トップページ | 【クラシック】マツーエフのラフマニノフにびっくり仰天(ゲルギエフ/マリインスキーが劇場管弦楽団) »