« 【歌舞伎】松也ってなんでもできるのね。2018年1月浅草公会堂・第1部・第2部 | トップページ | 【歌舞伎】新染五郎の義経がいいね。2018年1月歌舞伎座夜の部 »

2018/01/26

【バレエ】プライベート感あふれる上質なステージ「ル・グラン・ガラ2018」

 ダンサーがわずか5人で、音楽も録音テープ、全体にちょっと短い公演でしたが、とても見応えがありました。かなり質の高い舞台だったと思います。これでもう少し小さいホールだったら良かったのに。

 ぽん太とにゃん子、今回は1回の前から8列目という良い席でしたhappy01
 ただシアターオーブは、1回席が7列目までフラットなので注意が必要。6,7列目の人たちは舞台が見づらそうで、頭を左右に振りながら見てました。
 渋谷ヒカリエの上にあるこのホールは、なかなかオシャレですし、チケットの半券があると飲食店のサービスがあるのもうれしいです。ただ動線が狭いので、公演終了後はエレベーターやエスカレーターが大混雑になります。

 ついでに文句を言うと、これは主催者に対してですが、演目や出演者の情報が入場者にまったく配られないのはいかがなものでしょうか。プログラムを購入しないと、演目さえわかりません。コピー1枚でいいので、配って欲しいです。
 それから音楽を流すスピーカーの質が悪すぎます。ヴァグナーの壮大な音楽を、歪んだ音で聴くのは苦痛です。
 改善のほど、よろしくお願い申し上げます。


 最初の演目は「ヴェーゼンドンク歌曲集」。ヴァグナーの歌曲に合わせて、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、オニール八菜が踊りました。ルーヴェとマルシャンが八菜と官能的な踊りを繰り広げ、時に男性二人が同性愛っぽささえ漂わせるという振り付け。マンチーニの振り付けは、コンテではあるけれど奇を衒わず、オシャレな雰囲気でした。休憩時間にホワイエでお客さんから写真をせがまれてました。カテコでも登場しました。
 三人のダンサーのなかでは、体の動かし方や線の美しさなど、ルーヴェが抜きん出てました。

 休憩後はガニオとジルベールの「トリスタンとイゾルデ」。
 こうして続けてみると、動きといい雰囲気といい、若手とは全然違いますね〜。やっぱり素晴らしいです。
 2年前の「月夜に煌めくエトワール」公演で一部を観ておりますが、全幕公演は今回が日本初演だそうです。
 音楽は、ヴァグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」の、序曲、愛の二重唱(の終わり)、愛の死。
 美術は、背後に大きな布が斜めに張られるというシンプルなものだが、船の帆を思わせて、なかなか美しかったです。途中で纏ったキラキラ光る薄いベールが、まるで液体のようでした。
 物語としては、男女に愛が芽生え、激しく燃え、最後は死を迎えるというもので、ちょっと「ロミジュリ」と被っている気がしました。もちろん初々しい「ロミジュリ」とは異なり、大人の愛ですが……。「トリスタンとイゾルデ」を題材にするのなら、「愛イコール死」という究極の官能的な世界を描いて欲しかったです。
 二回の幕間で投影される映像が、毛穴まではっきり見える皮膚の拡大や、口腔内のアップがあって、ちょっと生々しかったです。ほかの奥様、お嬢様方は、さすがに引いたんじゃないのかな?ジルベールの旦那の写真家ジェームス・ボルトが撮影したものらしいです。
 そういえば、ガニオがジルベールの腕をべろ〜と舐めるみたいな振り付けも、ちょっと引いたな〜。

 
 とはいえ全体としては、最初に書いたように、こじんまりしながらとってもオシャレな、素晴らしいパフォーマンスでした。

ル・グラン・ガラ  ー Le Grand Gala 2018 ー

2018年1月11日
東急シアターオーブ

TBSの公式サイト
http://www.tbs.co.jp/event/parisopera-gala/


「ヴェーゼンドンク歌曲集」(世界初演)

振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、オニール八菜


「トリスタンとイゾルデ」(全幕日本初演)

振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ


「スペシャル・フィナーレ」

|

« 【歌舞伎】松也ってなんでもできるのね。2018年1月浅草公会堂・第1部・第2部 | トップページ | 【歌舞伎】新染五郎の義経がいいね。2018年1月歌舞伎座夜の部 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66267590

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】プライベート感あふれる上質なステージ「ル・グラン・ガラ2018」:

« 【歌舞伎】松也ってなんでもできるのね。2018年1月浅草公会堂・第1部・第2部 | トップページ | 【歌舞伎】新染五郎の義経がいいね。2018年1月歌舞伎座夜の部 »