« 【バレエ】ガラ公演〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉ハンブルク・バレエ団2018年日本公演 | トップページ | 【オペラ】ちと席が遠すぎました。「松風」新国立劇場 »

2018/03/12

【バレエ】「ニジンスキー」ハンブルク・バレエ2018年日本公演

 いや〜、すごい迫力でした。感動するというか、圧倒される感じで、終わった後は虚脱状態でした。

 天才ダンサー・ニジンスキーを題材にしたバレエ。
 第1幕は、スイスのサンモリッツで行われたニジンスキー最後の公演から始まり、彼が踊り、振り付けた伝説的な作品が紹介されていきます。第2幕は、第一次世界大戦の恐怖のなかでニジンスキーの精神が崩壊していき、第1幕で踊られたキャラが入り乱れた壮絶で混乱した世界が描かれます。

 ノイマイヤーがお得意のストーリを持ったバレエとは異なり、暴力的で激しく、叫びのような作品でした。

 第2幕は、ショスタコービッチの交響曲第11番全曲に、振り付けられておりました。エイゼンシュテインの映画「戦艦ポチョムキン」の、有名なオデッサの階段シーンで使われているので、聞き覚えのある方も多いでしょう。
 この交響曲は、「1905年」という表題がつけられており、この年にロシアで起きた「血の日曜日事件」を描いたとされています。サンクトペテルブルクで行われた労働者の平和的なデモに対して軍隊が発砲し、多数の死者を出した事件で、ロシア第一革命のきっかけとなったと言われております(ちなみに戦艦ポチョムキンの反乱が起きたのも、この1905年ですね)。とはいえ、一筋縄ではいかないショスタコービッチのことですから、当然ソビエト政府による民衆の弾圧を意識していると考えていいでしょう。
 てなわけで、この曲自体もかなり凄まじいものなのですが、さらにノイマイヤーの振り付け、そしてリアブコの踊りが凄かった。リアブコの表情は、猟奇的で、鬼気迫るものがありました。踊りの表現力にかけては、リアブコが最高ではないかとぽん太は思っております。おまけに今回は席が前から2列目で、オケピもなかったので、間近でリアブコの踊りを見ることができました。

 第2幕は、まるで悪夢のように、ニジンスキーが踊った役柄が紛れ込んで来るのですが、なかでもロイド・リギンズのペトルーシュカがぽん太の涙をさそいました。人々が殺されて倒れているなか、ペトルーシュカが「おい、みんな、どうしちゃったの?」みたいな感じで歩き回ります。例のミトンのような両手をスリスリすることしかできないペトルーシュカが、とっても哀れに思われました。リギンズの人形のような悲しげな表情も心を打ちました。

 ノイマイヤーはこの作品で、やはり「反戦」を訴えたかったんだと思いました。われわれ日本人としては、東日本大震災の記憶と重なることは、言うまでもありません。

 ニジンスキーは後年、統合失調症に罹患しましたが、精神科医のぽん太はこれまであまりよく知りませんでした。これを機会にちょっと勉強してみようと思います。

 


ハンブルク・バレエ団 2018年日本公演
「ニジンスキー」 
ジョン・ノイマイヤーによるバレエ

2018年2月12日
東京文化会館

公式サイト

音楽:
・フレデリック・ショパン
・ロベルト・シューマン
・ニコライ・リムスキー=コルサコフ
・ドミトリー・ショスタコーヴィチ
振付・装置・衣裳:ジョン・ノイマイヤー

ニジンスキー:アレクサンドル・リアブコ
ロモラ:エレーヌ・ブシェ
ブロニスラヴァ・ニジンスカ、妹:パトリシア・フリッツァ
スタニスラフ・ニジンスキー、兄:アレイズ・マルティネス
ディアギレフ:イヴァン・ウルバン
エレオノーラ・ベレダ、母:アンナ・ラウデール
トーマス・ニジンスキー、父:カーステン・ユング
タマラ・カルサーヴィナ:シルヴィア・アッツォーニ
レオニード・マシーン:ヤコポ・ベルーシ
【ダンサーとして役を演じるニジンスキー】
『謝肉祭』のアルルカン:アレクサンドル・トルーシュ
『ばらの精』:アレクサンドル・トルーシュ
『シェエラザード』の金の奴隷:マルク・フベーテ
『遊戯』の若い男:ヤコポ・ベルーシ
『牧神の午後』の牧神:マルク・フベーテ
ペトルーシュカ:ロイド・リギンズ
内なる世界でのニジンスキーの象徴、ニジンスキーの影:
アレイズ・マルティネス、アレクサンドル・トルーシュ

|

« 【バレエ】ガラ公演〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉ハンブルク・バレエ団2018年日本公演 | トップページ | 【オペラ】ちと席が遠すぎました。「松風」新国立劇場 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66485216

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】「ニジンスキー」ハンブルク・バレエ2018年日本公演:

« 【バレエ】ガラ公演〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉ハンブルク・バレエ団2018年日本公演 | トップページ | 【オペラ】ちと席が遠すぎました。「松風」新国立劇場 »