« 【仏像】外人が気づかず素通り!木造金剛力士像@東大寺南大門、奈良県 | トップページ | 【オペラ】ハイレベルな歌手陣「愛の妙薬」新国立劇場 »

2018/03/21

【演劇】(ネタバレあり)三谷幸喜お得意のアンジャッシュ物「江戸は燃えているか」

 「新橋演舞場史上、もっとも笑えるコメディ」というあおりに釣られて、ひさびさに三谷幸喜の芝居を観に行ってきました。まさしく抱腹絶倒。まわりのお客さん、うるさくて申し訳ありませんでした。

 三谷幸喜の原点のアンジャッシュ物というか、入れ替わり物。もしも勝海舟が気の小さい男だったら、という設定で、江戸に進軍してきた西郷隆盛と会おうとしないので、庭師を替え玉にして西郷と会談させるというお話。そのあと勝海舟が今さらながら「よし、俺は西郷に会うぞ!」などと言い始めるので、今度は西郷の替え玉を立てて……。
 
 出だしは「あんまり笑えないな〜」という感じで観てたんですが、だんだんとあったまってきて、最後は大笑いでした。
 特にぽん太のツボにはまったのは、本物の勝海舟を西郷隆盛がしげしげと眺め、「ん〜?この人にはどこかで会った気がするぞ。そうだ、思い出した……」という下り(観てない人はわかんないですね)。てっきり「あなたが2年前に会った本物の勝海舟さんじゃ」と言うのかと思ったら、「ただいまおじさん!!」。そっちかよ。
 それから、海舟の長女「ゆめ」がとことこ出てきて、いきなり西郷さんの膝の上に座るところ。え?これってなんだっけ?と一瞬考えてから、あゝ、あの続きね、と笑いがこみ上げてきました。
 天璋院篤姫様もおかしかったです。

 海舟役の中村獅童が気炎を吐いてました。立派なコメディアンに成長したものです。でも、歌舞伎も頑張ってね。台詞回しになんか野田秀樹が入ってる感じ。アドリブっぽいところも、長々と演じていておかしかったです。舞台上の役者さんも吹いてましたね。
 藤本隆宏の西郷隆盛がしっかりした演技でした。この役をきちんとそれらしく演じてないと、この芝居は面白くありません。ぽん太はあまり芝居やドラマを見ないので役者さんには詳しくないのですが、さぞかし実力のある俳優さんじゃないかと思ってぐぐってみたら、元水泳のオリンピック選手なんですね〜。いい芝居してました。
 TOKIOの松岡昌宏もなかなか上手で、特にカッコいいポーズやキザなセリフがが決まってました。やっぱりジャニーズですね。
 
 ラストの「いと」が平次を小刀で刺してしまい、平次がふらつきながらもカッコよく花道を駆けてくシーン、とってつけたみたいなのは別にいいんですけど、もうちょっと膨らまして、ぐっと引き込まれるようなシーンにしてほしかったです。


PARCO Production 三谷幸喜新作書き下ろし

江戸は燃えているか
TOUCH AND GO

2018年3月15日
新橋演舞場

特設ページ

作・演出:
  三谷幸喜

出演
  中村獅童  
  松岡昌宏
  松岡茉優
  高田聖子
  八木亜希子
  飯尾和樹
  磯山さやか
  妃海風
  中村蝶紫
  吉田ボイス
  藤本隆宏
  田中圭

美術:金井勇一郎 
衣裳:宮本宣子 
照明:服部基 
音楽:栗コーダーカルテット
音響:井上正弘 
ヘアメイク:河村陽子 
時代考証:山村竜也 
薩摩弁考証:迫田孝也
演出助手:城野健 
舞台監督:南部丈

|

« 【仏像】外人が気づかず素通り!木造金剛力士像@東大寺南大門、奈良県 | トップページ | 【オペラ】ハイレベルな歌手陣「愛の妙薬」新国立劇場 »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66507756

この記事へのトラックバック一覧です: 【演劇】(ネタバレあり)三谷幸喜お得意のアンジャッシュ物「江戸は燃えているか」:

« 【仏像】外人が気づかず素通り!木造金剛力士像@東大寺南大門、奈良県 | トップページ | 【オペラ】ハイレベルな歌手陣「愛の妙薬」新国立劇場 »