« 【仏像】ふくよかな阿弥陀様さまにあゝ癒されます・岩船寺(奈良県木津川市) | トップページ | 【仏像】若者っぽい十一面観音さまは必見。禅定寺(京都府宇治田原町) »

2018/03/29

【仏像】磨崖仏とフィールドアスレチック・笠置寺(京都府笠置町)

Img_8119

 「京都・南山城十一面観音巡礼」(公式サイトはこちら)のチラシに出ていた十一面観音さまを見に、笠置寺に行ってきました。
 曇り〜雨模様で、時折激しい雨がパラつくという不安定な天気です。
  車のすれ違いもできないような山道をうねうねと登っていくと、駐車場に出ます。ここから長い石段を登ると山門があります。

【寺院名】真言宗智山派 鹿鷺山 笠置寺(しかさぎさん かさぎでら)
【公式サイト】http://www.kasagidera.or.jp
【住所】京都府相楽郡笠置町笠置山29
【拝観日】2018年3月5日
【拝観】毎日可。拝観料300円。駐車場がありますが、途中の道が狭いです。
【仏像】
  本尊弥勒磨崖仏 奈良時代
  虚空藏磨崖仏

Img_8120
 「笠置型燈籠」を復元したものです。解説によると、平安時代に山道に建てらていたとの文書が残っているものの、どういう形かまったくわからなかったのですが、インターネットで全国に資料を求めたところ、大正時代の本に形や大きさが記載されていることがわかり、復元に至ったそうです。

Img_8121
 こんなところに猫の石像が……。台座には「笠やん」と書いてあります。なんだろ?

Img_8128_2
 正月堂のなかに正解が。境内を案内する猫としてマスコミを賑わした野良猫ちゃんだそうです。

Img_8129
 山道を歩いていくと、巨岩が目に入ります。
 手前に写っている十三重石塔は国の重要文化財。ぽん太にはありがたみがよくわかりません。

Img_8123
 笠置寺ご本尊の弥勒磨崖仏。
 こりゃなにかい?心が綺麗な人にだけ見えるってやつ?
 笠置寺は、元弘元年(1331年)に鎌倉幕府打倒を企てて挙兵した後醍醐天皇が陣をしいたところで(元弘の乱)、戦火により笠置寺は消失、磨崖仏も表面が剥離してしまったそうです。

Img_8127
 正月堂のなかにあった復元図です。

Img_8136
 こちらが正月堂。室町時代に再建されたもの。奈良のお水取りの第一回目が、ここで行われたという言い伝えが残っているそうです。

Img_8138

 さらに道をすすむと、また磨崖仏が。こちらは形がくっきり残ってます。虚空蔵磨崖仏です。

 このあと、もうちょっと行けば十一面観音さまがいるのではないかと道を進んで行ったのですが、ほとんどフィールドアスレチック状態で、「胎内くぐり」やら「太鼓石」やら「ゆるぎ石」やらの奇岩があります。小雨が降っていたので、写真はありません。
 約30分後、やっと入り口に戻ってきました。受付の人に聞いたら、阿弥陀如来は受付の隣の収蔵庫に安置されているけど、天気が悪いので本日は後悔していないとのこと。最初に聞けば良かった。
 でも、フィールドアスレチックの間、土砂降りにならなかったのが、せめてものご利益でした。

|

« 【仏像】ふくよかな阿弥陀様さまにあゝ癒されます・岩船寺(奈良県木津川市) | トップページ | 【仏像】若者っぽい十一面観音さまは必見。禅定寺(京都府宇治田原町) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66526420

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】磨崖仏とフィールドアスレチック・笠置寺(京都府笠置町):

« 【仏像】ふくよかな阿弥陀様さまにあゝ癒されます・岩船寺(奈良県木津川市) | トップページ | 【仏像】若者っぽい十一面観音さまは必見。禅定寺(京都府宇治田原町) »