« 【歌舞伎】玉三郎のお軽に感動「祇園一力茶屋の場」2018年歌舞伎座夜の部 | トップページ | 【クラシック】マーラー5番の弦が美しい。ズヴェーデン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック »

2018/03/15

【オペラ】コニエチュニーとコルチャックがお見事「ホフマン物語」新国立劇場

 新国立劇場オペラの「ホフマン物語」は以前に見たプロダクション。フィリップ・アルローのカラフル美術が美しいです。

 リンドルフほかを歌った新国立劇場初登場のトマス・コニエチュニーが素晴らしかったです。ぽん太は2016年のウィーン国立歌劇場来日公演で「ワルキューレ」のヴォータンを聞きました。その時のシリアスな歌声もすごかったですが、今回のちょっと滑稽な悪役も良かったです。動物が吠えているような深みのある声で、演技も抜群でした。ホフマンのディミトリー・コルチャックも声量では負けず、伸びやかな明るいテノールを聞かせてくれました。
 ふたりに比べると、ニクラウス/ミューズのレナ・ベルキナはちょっと精彩がなかったです。音程も不安定だったし、声に透明感がありませんでした。
 オランピアの安井陽子のコロラトゥーラはお見事!砂川涼子のアントニアは清楚な感じが良かったですが、高音で柔らかさが欠けるのが残念。
 
 でもオペラとしては、長い割に、そんな感動するアリアもないし、劇的な物語もないし、ちょっといまいちな感じもしました。

オペラ「ホフマン物語」/ジャック・オッフェンバック
Les Contes d'Hoffmann / Jacques OFFENBACH

2018年2月28日
新国立劇場オペラパレス

公式サイト

指 揮:セバスティアン・ルラン
演出・美術・照明:フィリップ・アルロー
衣 裳:アンドレア・ウーマン
振 付:上田 遙
再演演出:澤田康子
舞台監督:斉藤美穂

ホフマン:ディミトリー・コルチャック
ニクラウス/ミューズ:レナ・ベルキナ
オランピア:安井陽子
アントニア:砂川涼子
ジュリエッタ:横山恵子
リンドルフ/コッペリウス/ミラクル/ダペルトゥット:トマス・コニエチュニー
アンドレ/コシュニーユ/フランツ/ピティキナッチョ:青地英幸
ルーテル/クレスペル:大久保 光哉
ヘルマン:安東玄人
ナタナエル:所谷直生
スパランツァーニ:晴 雅彦
シュレーミル:森口賢ニ
アントニアの母の声/ステッラ:谷口睦美
ほか

合 唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

|

« 【歌舞伎】玉三郎のお軽に感動「祇園一力茶屋の場」2018年歌舞伎座夜の部 | トップページ | 【クラシック】マーラー5番の弦が美しい。ズヴェーデン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66488625

この記事へのトラックバック一覧です: 【オペラ】コニエチュニーとコルチャックがお見事「ホフマン物語」新国立劇場:

« 【歌舞伎】玉三郎のお軽に感動「祇園一力茶屋の場」2018年歌舞伎座夜の部 | トップページ | 【クラシック】マーラー5番の弦が美しい。ズヴェーデン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック »