« 【オペラ】尻上がりに良くなった「アイーダ」新国立劇場 | トップページ | 【城・桜】初めての松本城、桜散る高遠 »

2018/04/19

【登山】桜は終わり。和田バス停から陣馬山

 2週間前に生藤山に登ったぽん太とにゃん子ですが、前回は稜線付近がまだ冬枯れ状態だったのと、高尾山からつなげている稜線歩きのうち途切れている陣馬山と山ノ神の間をつなぐため、またまた出かけてきました。
 和田バス停(旧県立陣馬自然公園センター)に車を停め、和田第二尾根から陣馬山に登り、和田峠、醍醐丸を経て前回稜線から離れた山ノ神に至り、前回下った道を辿るコースとしました。



【山名】陣馬山(854.8m)、醍醐丸(867m)
  高岩山(800m)、大蔵里山(837m)
【山域】 奥多摩・高尾
【日程】2018年4月19日(日帰り)
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】晴れ
【ルート】和田バス停11:31…(和田第二尾根)…12:51陣馬山(昼食)13:27…和田峠13:48…醍醐丸14:32…山ノ神15:05…15:52和田バス停

大きな地図や3D地図は、「山行記録のページへ」をクリック。
【マイカー登山情報】和田バス停付近の駐車場は、閉鎖している県立陣馬自然公園センターに4台ほど停められます。登山客が停める場合断りを入れるように、という張り紙がしてありますが、閉鎖していて断りの入れようがないので、駐車できると思います。ここが満車の場合は、県道521号を少し下った鎌沢入り口バス停付近に車を停めるスペースがあります。鎌沢入口駐車場|登山口ナビを参照してください。



 Img_8431
 登山口から登り始めると、2週間前はまだ新緑でしたが、今回は葉っぱが青々と茂ってます。

Img_8437
 道端には、写真のチゴユリをはじめとし、クサイチゴ、ヒトリシズカ、スミレなどの春の花が咲いておりました。

Img_8433
 その中に、こ、これは!?タテヤマリンドウ?こんな低山に!?
 帰ってから調べてみると、葉っぱが楕円形で、花びらの副片が小さいということで、フデリンドウでした。

Img_8438
 出だしこそ少し急登がありましたが、そのあとは緩やかな尾根歩きで陣馬山に到着。
 写真は、これから進んで行く稜線。一番高く見えるのが醍醐丸で、その向かって左の肩にちょっと見えているのが、前回登った生藤山。真っで花粉症を引き起こした杉の植林と、もともとの明るく美しい春の落葉樹の林の対比が見て取れます。

Img_8441
 今回のルートの最高地点の醍醐丸。八王子市の最高地点だそうです。林の中で展望はありません。

Img_8447
 2週間前は冬枯れ状態だった稜線も、今回は新緑状態。でも桜は、ほとんど散ってました。写真はかろうじて残っていた山桜の花。

 山ノ神から南に稜線から離れ、前回歩いた道を辿って、出発地点の和田バス停(旧県立陣馬自然公園センター)に戻りました。

|

« 【オペラ】尻上がりに良くなった「アイーダ」新国立劇場 | トップページ | 【城・桜】初めての松本城、桜散る高遠 »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66628568

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】桜は終わり。和田バス停から陣馬山:

« 【オペラ】尻上がりに良くなった「アイーダ」新国立劇場 | トップページ | 【城・桜】初めての松本城、桜散る高遠 »