« 【展覧会】葛井寺の千手観音、道明寺の十一面観音など・特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」東京国立博物館 | トップページ | 【温泉】早くも春の訪れ・高峰温泉(長野県小諸市)(★★★★) »

2018/04/05

【登山】麓の桜が満開・生藤山(奥多摩・高尾)

Img_8403

 初夏のような暑さの一日、ぽん太とにゃん子は生藤山に登ってきました。もうスキーに行く気分ではないということで、今年初めての山行です。

【山名】生藤山(990.3m)
  三国山(960m)、茅丸(1019m)、連行峰(1016m)
【山域】 奥多摩・高尾
【日程】2018年4月4日(日帰り)
【メンバー】ぽん太、にゃん子
【天候】晴れ、初夏のような暑さ
【ルート】鎌沢入口10:22…三国山12:25…12:53生藤山(昼食)13:08…茅丸13:23…連行峰13:38…山ノ神14:00…15:02鎌沢入口

大きな地図は、「山行記録のページへ」をクリック。
【注意】鎌沢入口の近くの橋が崩落しており、人は通れますが、車は通行止め。県立鎌沢駐車場まで車で入りたい人は、もう少し先のやさか茶屋の手前を左折する必要があります。

Img_8399
 山が新緑でポワポワしてます。淡いグラデーションが美しいです。ぽん太は、この時期の中央道沿線の山々が大好きです。

Img_8400
 中央道のサービスエリアの名前になっている藤野ですが、その佐野川地区には斜面沿いに茶畑が広がり、日本の里100選にも選ばれているそうです。
 鄙びた里の景色を眺めながら舗装道路をしばらく歩いたのち、登山道に入ります。

Img_8404
 生藤山の有名な桜のプロムナードですが、残念ながらまだ二分咲き程度。満開まではもう少し日数がかかりそうです。

Img_8415
 三国山を経て、生藤山山頂に到着。お昼にしました。
 霞がかかっていて、展望はあまり望めませんでした。

Img_8417
 生藤山から、陣馬山方面へ稜線をたどります。このあたりの樹々はほとんど芽がでておらず、冬枯れ状態です。気候は初夏のような暑さだったので、なんかアンバランス。
 茅丸、連行峰などの小さなピークを越えていきます。

Img_8418
 時間を計算して、山ノ神のところを右折して稜線を離れ、下山することにしました。

Img_8419
 ところどころにムラサキヤシオが咲いてました。桜と同じように、葉が出る前に枯れ木にいきなり咲くので、明るい紫色がとても目立ちます。

Img_8426
 白い八重の桜です。和田で車道に出ます。

Img_8428
 大きな枝垂れ桜。なかなかの名木です。

Img_8430
 桃でしょうか?桜と違った濃い赤が目に鮮やかです。

|

« 【展覧会】葛井寺の千手観音、道明寺の十一面観音など・特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」東京国立博物館 | トップページ | 【温泉】早くも春の訪れ・高峰温泉(長野県小諸市)(★★★★) »

登山・ダイビング・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66577492

この記事へのトラックバック一覧です: 【登山】麓の桜が満開・生藤山(奥多摩・高尾):

« 【展覧会】葛井寺の千手観音、道明寺の十一面観音など・特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」東京国立博物館 | トップページ | 【温泉】早くも春の訪れ・高峰温泉(長野県小諸市)(★★★★) »