« 【仏像】二つの重文十一面観音・海住山寺(京都府木津川市) | トップページ | 【仏像】吉祥天女像特別公開 浄瑠璃寺(京都府木津川市) »

2018/06/13

【仏像】これは美しい! 十一面観音坐像・現光寺(京都府木津川市)

Img_7030

 現光寺の十一面観音坐像を、特別公開で見に行きました。上の写真は本堂か?かなり傷んでます。

【寺院名】真言宗智山派 覆養山 現光寺
【公式サイト】公式サイトは見当たらないので、木津川市観光サイトにリンクしておきます。
http://0774.or.jp/temple/genkouji.html
【住所】京都府木津川市加茂町北山ノ上9
【拝観日】2017年11月3日
【拝観】ぽん太は秋の特別公開で拝観しました(拝観料800円)。
通常は、10名以上で電話予約(拝観料500円)。
【仏像】
木造十一面観音坐像 檜材 寄木造 像高74.0cm 鎌倉時代 重要文化財 写真
四天王像 像高62.8cm〜65.1cm 鎌倉時代 写真
【写真】
収蔵庫の内部の様子はこちらをどうぞ
「京都非公開文化財」十一面観音が魅了 先行公開始まる|朝日新聞DIGITAL

Img_7029
 この小さな収蔵庫のなかに、観音様と四天王が収められております。
 特別開帳で、けっこう人が来ておりました。中で関係者が解説をして下さるのですが、観光客が入りきれず、列を作って待っている状態でした。
 順番が来て収蔵庫に入った瞬間、おもわず「わ〜っ」と声を上げそうになりました。この十一面観音さまはとにかく美しいです。像高74cmと小さめですが、金箔が多く残っていて金色に光り輝いております。細いウェスト。胸や足の上の衣の襞の流れ。下に長く垂れ下がった美しい髪飾りなど、繊細かつ流麗です。丸いお顔も、子供のようにも見えますが、俗っぽさはなく、神々しい雰囲気です。背筋を伸ばし、左手にゆったりと蓮の花瓶を持ち、右手をすっと差し出しています。見ているこちらが思わず手のひらを重ねたくなります。脇の下が少し開いていて、ゆったりとしています。
 本蔵のような、十一面観音の「坐像」は、珍しいそうです。確かに、重要文化財の木造十一面観音坐像は全国で8他躯だけのようです(国宝はなし)。櫟野寺(らくやじ)の大きな十一面観音坐像は、国立博物館の櫟野寺展で見たことがあります。

 四天王像は、像高六十数センチの小さなものですが、ダイナミックなポーズで迫力があり、それぞれ緑・赤・白・青で色鮮やかに塗られております。鎌倉時代に再建された東大寺大仏殿に安置されていた四天王像と同じスタイルで作られたもので、これを「大仏殿様四天王像」というそうな。

|

« 【仏像】二つの重文十一面観音・海住山寺(京都府木津川市) | トップページ | 【仏像】吉祥天女像特別公開 浄瑠璃寺(京都府木津川市) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66801060

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】これは美しい! 十一面観音坐像・現光寺(京都府木津川市):

« 【仏像】二つの重文十一面観音・海住山寺(京都府木津川市) | トップページ | 【仏像】吉祥天女像特別公開 浄瑠璃寺(京都府木津川市) »