« 【仏像】精緻で高貴な十一面観音菩薩 海龍王寺(奈良) | トップページ | 【仏像】白洲正子が愛でた黒焦げのトルソー 松尾寺(奈良県大和郡山市) »

2018/06/29

【仏像】母性溢れる国宝十一面観音 法華寺(奈良市)

Img_6984


【寺院名】光明宗 法華寺
【公式サイト】http://www.hokkeji-nara.jp
【住所】奈良県奈良市法華寺町882
【拝観日】2017年11月2日
【拝観】常時可。拝観料:特別公開のため700円。普段は500円。
【仏像】
十一面観音菩薩立像 カヤ 一木造 素地 像高1.00m 平安初期 国宝 写真
維摩居士像 像高90.8cm 平安前期 国宝 写真
阿弥陀如来立像(横笛堂本尊) 鎌倉時代


605pxhokkeiji_nunnery_elevenheaded_
 写真は、法華堂-Wikipediaからのパブリックドメインのものです。
 この写真には光背がありませんが、なんか写真で見ると矢がいっぱい刺さったみたいな光背が印象的な、国宝の十一面観音様です。
 矢に見えるのは、蓮の葉でした。蓮の葉がこんなジュンサイみたいに細長く丸まるものか、ぽん太はこれまで着目したことがありませんでしたが、ぐぐって見ると出始めは丸まっているようです(千葉公園の四季)。現在の光背は明治時代の補作ですが、古い光背を踏まえたものだそうです。
 像高は1メートルとそれほど大きくありませんが、さすが国宝、存在感があります。最初から彩色していない素木像で、木目が美しいです。唇には朱が入ってます。胸はふっくらとしておりますが、ウエストは絞られていて、腰は左(向かって右)にひねられています。腕は長く、顎の肉付きなど、全体に豊満な感じがします。
 お顔は「婦人」という感じ。光明皇后の姿を模して作られたという言い伝えがありますが、高貴さよりも、母性、慈愛が伝わって来ます。

 
 国宝の維摩居士像は、見たはずだけど覚えてません。
 

|

« 【仏像】精緻で高貴な十一面観音菩薩 海龍王寺(奈良) | トップページ | 【仏像】白洲正子が愛でた黒焦げのトルソー 松尾寺(奈良県大和郡山市) »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/66853547

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】母性溢れる国宝十一面観音 法華寺(奈良市):

« 【仏像】精緻で高貴な十一面観音菩薩 海龍王寺(奈良) | トップページ | 【仏像】白洲正子が愛でた黒焦げのトルソー 松尾寺(奈良県大和郡山市) »