« 【映画】(ネタバレなし)三谷幸喜が悔しがりそう「カメラを止めるな!」 | トップページ | 【バレエ】久々に首藤が踊るのを見れた。「音楽と舞踊の小品集 水・空気・光」@横浜みなとみらいホール »

2018/09/13

【歌舞伎】福助、お帰りなさい!2018年9月歌舞伎座昼の部

 なんかここんとこ忙しくてブログが書けないので、短めに……。

 9月歌舞伎座昼の部は、長く病気療養中だった福助が舞台に復帰。役柄は慶寿院尼で、雪姫を初役で演じる息子の児太郎を見守りました。2013年11月以来の舞台復帰というから、約5年ですか。お疲れ様でした、そして復帰おめでとうございました。
 幽閉から解かれたことを半ば泣きながら感謝する老いた尼僧を見事に演じました。右手は使っていなかったので、麻痺があるのかしら。顔や発生は大丈夫なようでした。今後もぜひ体調に気をつけながら、舞台に立ち続けて欲しいです。

 その「金閣寺」は、梅玉が此下東吉実は真柴久吉、児太郎が雪姫という配役で、古典味がある落ち着いた舞台でした。梅玉の東吉はあんまり愛想がなく、むしろ松緑の松永大膳の方が愛嬌がありました。児太郎が雪姫は悪くなかったですが、最後に花道で刀を鏡にして髪を整えるところなど、恋する娘らしい可愛らしさが欲しいところでした。

 「紅葉狩」は疲れからか夢うつつ。

 吉右衛門の「河内山」は「またか」という感じで見始めたのですが、吉右衛門の「芸」に見とれました。舞台に出てきたときのぱっと明るい感じ、台詞回し、ちょっとした表情、本舞台から花道にかかって、ふっと気を変えるところなど、どれも素晴らしかったです。
 お目当の「「悪に強きは」のセリフのなかで、三味線のメロディーに合わせて言う部分があったけど、計算じゃあできないと思うので、アドリブなんでしょうか。だとしたらすごい。

 幸四郎は3演目全てに出演。「金閣寺」の狩野之介直信は美しくはかない美男子。「河内山」の松江出雲守は、もっとキレやすそうな方が良かったかな?


歌舞伎座百三十年
秀山祭九月大歌舞伎
歌舞伎座 昼の部
平成30年9月13日

公式サイト

 祇園祭礼信仰記
一、金閣寺(きんかくじ)

  此下東吉実は真柴久吉 梅玉
  雪姫 児太郎
  狩野之介直信 幸四郎
  松永鬼藤太 坂東亀蔵
  此下家臣春川左近 橋之助
  同   戸田隼人 男寅
  同   内海三郎 福之助
  同   山下主水 玉太郎
  腰元 梅花
  腰元 歌女之丞
  十河軍平実は佐藤正清 彌十郎
  松永大膳 松緑
  慶寿院尼 福助


 萩原雪夫 作
 今井豊茂 補綴
二、鬼揃紅葉狩(おにぞろいもみじがり)

 更科の前実は戸隠山の鬼女 幸四郎
 平維茂 錦之助
 侍女かえで 高麗蔵
 侍女ぬるで 米吉
 侍女かつら 児太郎
 侍女もみじ 宗之助
 従者月郎吾 隼人
 従者雪郎太 廣太郎
 男山八幡の末社 玉太郎
 男山八幡の末社 東蔵


 河竹黙阿弥 作
 天衣紛上野初花
三、河内山(こうちやま)

 上州屋質見世
 松江邸広間
 同  書院
 同  玄関先

 河内山宗俊 吉右衛門
 松江出雲守 幸四郎
 宮崎数馬 歌昇
 大橋伊織 種之助
 沢要 隼人
 腰元浪路 米吉
 北村大膳 吉之丞
 高木小左衛門 又五郎
 和泉屋清兵衛 歌六
 後家おまき 魁春

|

« 【映画】(ネタバレなし)三谷幸喜が悔しがりそう「カメラを止めるな!」 | トップページ | 【バレエ】久々に首藤が踊るのを見れた。「音楽と舞踊の小品集 水・空気・光」@横浜みなとみらいホール »

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/67164649

この記事へのトラックバック一覧です: 【歌舞伎】福助、お帰りなさい!2018年9月歌舞伎座昼の部:

« 【映画】(ネタバレなし)三谷幸喜が悔しがりそう「カメラを止めるな!」 | トップページ | 【バレエ】久々に首藤が踊るのを見れた。「音楽と舞踊の小品集 水・空気・光」@横浜みなとみらいホール »