« 【登山】山頂はトンボだらけ。風力登山口(林道口)から二岐山 | トップページ | 【仏像】国宝・重文の平安仏がいっぱい 勝常寺(福島県湯川村) »

2018/09/05

【温泉】築100年以上の古民家と美味しいお料理。湯野上温泉 にしきや(福島県南会津郡)(★★★★★)

 8月下旬、ぽん太とにゃん子は、福島県は会津・湯野上温泉の「にしきや」さんに泊まってきました。こちらが公式サイトです。

 

 建物は、築100年を超える古民家。古いところを残したままきれいに改装されております。いわゆる古民家風ではなく、格調高い雰囲気。お風呂は、木の香りがする檜の浴槽に、柔らかい湯野上の湯が源泉掛け流し。お料理も、地元の食材を使いながら、会津塗の小鉢を使ったり、盛り付けも一つひとつ美しく、手が込んでいて美味しいです。これで1泊2食付き8,500円はコスパも最高。文句なしの5点です。

 

 

★楽天トラベルからの予約は右のリンクをクリック

 

 

 

Img_0256

 湯野上温泉は、会津若松の南、会津西街道にあるひなびた温泉街。ちょっといい宿があり、ぽん太も何回か訪れたことがあります。

 こちらがにしきやさん。明治中期の建物を改装した建物です。屋根はさすがに茅葺ではなく鉄板葺に変えられております。しっかりと手が入れられています。

Img_0297

 庭も、石庭や刈り込まれた植木など、手入れが行き届いております。

Img_0271

 玄関の内部です。

Img_0270

 こ、これは、螺鈿細工の応接セット?

Img_0269

 歴史を経て磨き込まれた床です。

Img_0258

 お部屋もきれいに改装されております。ちゃんと書院の付いた床の間。

Img_0276

 お茶セットも、夏らしく涼やかです。

Img_0305

 浴室は、檜風呂と石風呂が、男女入れ替えとなっております。檜風呂はけっこう広々としております。もちろん源泉掛け流し。無色透明・無味無臭の肌にやわからいお湯です。

Img_0264

 こちらは石風呂です。

Img_0267

 温泉分析表です。PH8.3の弱アルカリ性。泉温は58度です。泉質は単純温泉になります。

Img_0278

 夕食です。会津塗の小皿に盛り付けられたお料理は、地元の新鮮な素材を使いながら、一つひとつ手が込んでいます。

Img_0291

 こちらが夕食のメニューです。こづゆは会津の定番ですね。

Img_0279

 桜肉の、赤みと炙りです。

Img_0281 Img_0283

 山菜や、アスパラも、この通り。

Img_0290

 しんごろうとつと豆腐の田楽。しんごろうは会津の郷土料理で、ご飯を半つきにして丸めたものを串に刺し、じゅうねん(エゴマ)味噌を塗って焼いたものだそうです。つと豆腐も郷土料理で、固くしまってスが入ったみたいな豆腐。豆腐をワラなどで固く巻き、塩をいれたお湯で煮込んで作るんだそうです。どちらも美味しゅうございました。

Img_0292

 ウォーターサーバーも、レトロで涼しげです。

Img_0293
Img_0295 Img_0296

 朝食も、お味も盛り付けも素敵でした。

|

« 【登山】山頂はトンボだらけ。風力登山口(林道口)から二岐山 | トップページ | 【仏像】国宝・重文の平安仏がいっぱい 勝常寺(福島県湯川村) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【登山】山頂はトンボだらけ。風力登山口(林道口)から二岐山 | トップページ | 【仏像】国宝・重文の平安仏がいっぱい 勝常寺(福島県湯川村) »