« 【歌舞伎】福助、お帰りなさい!2018年9月歌舞伎座昼の部 | トップページ

2018/09/15

【バレエ】久々に首藤が踊るのを見れた。「音楽と舞踊の小品集 水・空気・光」@横浜みなとみらいホール

 首藤ファンのにゃん子の希望で、横浜まで行ってきました。
 首藤は演劇など多分野ではちょくちょく見てますが、ちゃんとバレエを踊るのを見るのは久しぶりでした。

 小さめのみなとみらいホールを、さらに客席を制限して行わた、プライベート感ある公演。しかもぽん太とにゃん子は最前列。首藤の踊りが間近で観れました。

 同時期に横浜国立美術館で行われていたモネ展とのコラボ企画。面白いアイディアですね。残念ながら当日は美術館の閉館日にあたっていて、モネ展は見れませんでした。

 3部に分かれていて、真ん中の第2部がバレエでした。
 最初の3曲は 中村恩恵の振り付け。首藤康之のラヴェル、さすがに雰囲気がありますね〜。よかったです。まだまだ踊って欲しいです。次いで、中村恩恵が新国立の若手二人を伴ってラヴェルのツィガーヌ。ちょっとユーモラスで面白い振付でした。新国立コンビも頑張ってましたが、まだまだ表現力が足りません。メシアンは、新国立の米沢唯が、首藤と踊りました。中村恩恵の振り付けらしい、体を寄せて体重を掛け合うような動きでした。
 折原美樹はぽん太とにゃん子は初めて見ました。マーサ・グラハム舞踊団で踊るとっても有名なダンサーのようです。演目は、そのグラハム振り付けの「Lamentation」。青いチューブ状のニットを着ての踊りで、なんか「自分を束縛するものから逃れようとするけどできない」みたいな踊りでした。ちょっとこの演目だけでは、彼女の実力はよくわかりませんでした。

 演奏の方の感想は省略。

 ピアニストの福間洸太朗が、タブレットPCで楽譜を表示してました。ぽん太は生まれて初めて見ました。左足でボタンを踏むと、ページが変わるような仕組みになっていたようです。

音楽と舞踊の小品集  水・空気・光
  横浜美術館企画展「モネ それからの100年」によせて

公式サイト

横浜みなとみらいホール 大ホール
2018年8月30日 マチネ

演奏
福間洸太朗(ピアノ)
﨑谷直人(ヴァイオリン/神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスター)
門脇大樹(チェロ/神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者)
齊藤一也(ピアノ)

舞踊
中村恩恵
首藤康之
折原美樹(マーサ・グラハム舞踊団)
米沢唯(新国立バレエ団)
中島瑞生(新国立バレエ団)
渡邊拓朗(新国立バレエ団)

プログラム
【第1部~水(演奏)】
ドビュッシー:喜びの島
       チェロ・ソナタより第2・3楽章
       ヴァイオリン・ソナタより第1楽章
サン=サーンス:白鳥
マスネ:タイスの瞑想曲

 Pf福間洸太朗、Vn﨑谷直人、Vc門脇大樹


【第2部~空気(舞踊)】
スクリャービン:12のピアノ練習曲 作品8より第11番
 首藤康之
 振付:中村恩恵
ラヴェル:ツィガーヌ
 中村恩恵、中島瑞生、渡邊拓朗
 振付:中村恩恵
メシアン:時の終わりのための四重奏曲より第5楽章“イエスの永遠性の賛美”
 米沢唯、首藤康之
 振付:中村恩恵
コダーイ:9つのピアノ小品 作品3より第2番
 折原美樹
 振付:マーサ・グラハム 「Lamentation」
カタロニア民謡(カザルス編):鳥の歌(チェロ・ソロ)

 Pf齊藤一也、Vn﨑谷直人、Vc門脇大樹


【第3部~光(演奏)】
ドビュッシー:月の光
 Pf齊藤一也
ラヴェル:組曲「マ・メール・ロワ」より
  第1曲 眠れる森の美女のパヴァ―ヌ
  第3曲 パゴダの女王レドロネット
  第5曲 妖精の園
 Pf福間洸太朗齊藤一也
ラヴェル:ピアノ・トリオより第3・4楽章
 Pf福間洸太朗、Vn﨑谷直人、Vc門脇大樹

|

« 【歌舞伎】福助、お帰りなさい!2018年9月歌舞伎座昼の部 | トップページ

芸能・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/67164770

この記事へのトラックバック一覧です: 【バレエ】久々に首藤が踊るのを見れた。「音楽と舞踊の小品集 水・空気・光」@横浜みなとみらいホール:

« 【歌舞伎】福助、お帰りなさい!2018年9月歌舞伎座昼の部 | トップページ