« 【オペラ】ケントリッジの演出は面白かったです「魔笛」新国立オペラ | トップページ | 【仏像】国重文:府中市にある銅(上染屋不動堂)と鉄(善明寺)の阿弥陀さま »

2018/10/25

【仏像】珍しいポーズを拝めます。特別展「仏像の姿」三井記念美術館

 この秋は、国立博物館の大報恩寺展、サントリー美術館の醍醐寺展など、仏像の展覧会が目白押し。手始めに三井記念美術館の「仏像の姿」展に行ってきました。

 「仏師がアーティストになる瞬間」と銘打って、「顔」「装飾」「動きとポーズ」を切り口に、仏師の創造力や表現の多様性を示す展覧会です。コレ!という目玉の仏さまはおらず、宗教性より美術性を重視しておりましたが、これまで見たことのないポーズの仏さまを見ることができました。国立博物館や芸大、個人蔵の仏さまが多かったです。また芸大による模刻が展示されていたのも珍しかったです。

 会場に入ると最初に迎えてくれる「迦陵頻伽立像(かりょうびんがりゅうぞう)」1-1は、上半身は人間、下半身は鳥という異形。迦陵頻伽は極楽に住む想像上の生物だそうですが、ぽん太は初めて見ました。
 「南方天眷属」1-3は、がっしりした体格や顔など、黒人にしか見えませんが、想像力のなせる技なのでしょうか。
 1-4の銅造の「菩薩立像」は、飛鳥時代らしいお姿で、装飾がとても美しいです。
 1-6「観音・勢至菩薩」は、精緻な截金の装飾がほどこされており、また脚の部分の衣紋も複雑に表現されています。ちょっと瓜実顔で、可愛らしいお顔です。
 1-8「十一面観音立像」は、少し前に踏み出した右足の、カカトが上がっているのが珍しいです。
 パンフレットに使われている2-1「不動明王立像」は、歌舞伎の見栄のような迫力あるポーズが独特。

 4-1「阿弥陀如来立像」は、銅板透彫の細かく繊細で、華麗な光背が目を引きます。またお腹の部分の衣服のU
字型の衣紋と、両足の部分の滝のようなストレートな衣紋の対比が見事です。
 4-2の「弥勒菩薩立像」も、宝冠・光背の見事な装飾と、脚の部分の複雑な衣紋が美しいです、
 4-6の阿弥陀三尊は、両脇侍が片足を後ろに跳ね上げております。かなり珍しいポーズだそうです。勢至菩薩といえば、山形の慈恩寺の五郎丸ポーズが有名ですが、これは次にボールを蹴る瞬間か?
 4-9の毘沙門天像は、玉眼の目が血走っていて怖い。

 お次はちょっと変わった不動明王さまたち。4-15は半跏踏下座のポーズが珍しい。4-16は、髪の毛が海原はるか・かなた師匠状態に風でなびいております。4-17は前髪つき。

 4-19の如来立像は、素朴なふくよかなお顔で、体つきもぼってりしており、天才バカボンみたいです。右手で衣の裾を握りしめているのも、なんか子供っぽい。

 5-3の十一面観音さまはお顔がボッテリ。フェルナンド・ボテロのモナリザを思い出しました。
 5-6の伽藍神は、衣をなびかせて走ってます。右手と右足を同時に前に出すナンバ走り。お顔といいポーズといい、黒鉄ヒロシの漫画に出てきそうです。
 


特別展「仏像の姿(かたち)」 〜微笑む・飾る・踊る〜

三井記念美術館
2018年9月15日〜11月25日

三井記念美術館公式サイト
出品目録(pdf , 829.7K)

主な出品作
◎重要文化財 ○県指定 ●市指定

1-1 迦陵頻伽立像 1 室町時代・15 世 個人蔵
1-2 如来立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 個人蔵
1-3 ◎ 四天王眷属立像(東方天眷属・南方天眷属) 康円 2軀 鎌倉時代・文永4年(1267) 東京国立博物館
1-4 ◎ 菩薩立像 1軀 飛鳥時代・ 7 世紀 東京藝術大学
1-5 ◎ 薬師如来立像 1軀 奈良時代・ 8 世紀 滋賀・聖衆来迎寺
1-6 観音・勢至菩薩立像 2軀 鎌倉時代・13 世紀 神奈川・称名寺 (神奈川県立金沢文庫保管)
1-7 ◎ 菩薩坐像 2軀 平安時代・ 9 世紀
岐阜・臨川寺 
1-8 ◎ 十一面観音立像 1軀 平安時代・ 9 世紀 三重・瀬古区
1-9 菩薩坐像 2軀 平安時代・12 世紀 個人蔵

2-1 不動明王立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 個人蔵

4-1 ◎ 毘沙門天立像 1軀 平安時代・応保 2 年(1162)頃 東京国立博物館
4-2 ◎ 地蔵菩薩立像 快成 1軀 鎌倉時代・建長 8 年(1256) 奈良・春覚寺
4-3 阿弥陀如来立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 東京国立博物館
4-4 ◎ 阿弥陀如来立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 滋賀・観音寺
4-5 弥勒菩薩立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 個人蔵
4-6 ◎ 阿弥陀如来及び両脇侍像 3軀 平安時代・ 9 世紀 大阪・四天王寺
4-7 毘沙門天立像 肥後定慶 1軀 鎌倉時代・貞応 3 年(1224) 東京藝術大学
4-8 毘沙門天立像 1軀 平安時代・12 世紀 滋賀・西遊寺
4-9 毘沙門天立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 個人蔵
4-10 天部立像 1軀 平安時代・9 〜10世紀 個人蔵
4-11 広目天立像 1軀 平安時代・10 世紀 滋賀・長命寺
4-12 ● 天部立像 1軀 平安時代・10 世紀 滋賀・春日神社
4-13 ● 二天立像(持国天・多聞天) 2軀 平安時代・12 世紀 滋賀・光照寺
4-14 ◎ 毘沙門天立像 1軀 平安時代・寛弘 8 年(1011)頃 京都・誓願寺
4-15 不動明王半跏像 1軀 平安時代・12 世紀 個人蔵
4-16 ○ 不動明王立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 埼玉・地蔵院
4-17 不動明王及び二童子像 3軀
4-18 不動明王立像 1軀 平安時代・11 世紀 京都国立博物館
4-19 ◎ 如来立像 1軀 平安時代・10 世紀 滋賀・若王寺
4-20 ◎ 大日如来坐像 1軀 平安時代・12 世紀 東京国立博物館
4-21 ◎ 釈迦如来立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 滋賀・荘厳寺
4-22 十一面観音立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 大阪・四天王寺
4-23 菩薩半跏像 1軀 平安時代・9 〜10世紀 東京国立博物館
5-1 ◎ 観音菩薩立像 1軀 平安時代・10 〜 11 世紀 大阪・本山寺
5-2 観音菩薩立像 1軀 平安時代・ 9 世紀 個人蔵
5-3 ◎ 十一面観音立像 1軀 平安時代・ 9 世紀 大阪・長圓寺
5-4 五大明王像 5軀 平安時代・10 〜 11 世紀 奈良国立博物館
5-5 十二神将立像(子神〜巳神) 6軀 鎌倉時代・13 世紀 奈良国立博物館
5-6 伽藍神立像 1軀 鎌倉時代・13 世紀 奈良国立博物館
5-7 雷神立像 1軀 南北朝時代・14 世紀 公益財団法人小田原文化財団
5-8 ◎ 聖観音坐像 1軀 平安時代・11 世紀 滋賀・荘厳寺
5-9 頭上面(三十三間堂伝来) 15 面 平安〜江戸時代 個人蔵

7-14 地蔵菩薩立像(夜泣き地蔵) 1軀 平安時代 奈良・新薬師寺
7-15 不動明王及び二童子像 3軀 鎌倉時代 個人蔵

|

« 【オペラ】ケントリッジの演出は面白かったです「魔笛」新国立オペラ | トップページ | 【仏像】国重文:府中市にある銅(上染屋不動堂)と鉄(善明寺)の阿弥陀さま »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/67310920

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】珍しいポーズを拝めます。特別展「仏像の姿」三井記念美術館:

« 【オペラ】ケントリッジの演出は面白かったです「魔笛」新国立オペラ | トップページ | 【仏像】国重文:府中市にある銅(上染屋不動堂)と鉄(善明寺)の阿弥陀さま »