« 【仏像】エジプトの石像のような千手観音 「東寺の如来・祖師像」東寺宝物館 | トップページ | 【仏像】ふだんは拝めない仏様がいっぱい 「至宝展」比叡山延暦寺国宝展 »

2018/11/22

【仏像】特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」東京国立博物館

 東京都国立博物館で行われている「大報恩寺展」に行ってきました。

 京都の大報恩寺は、2回ほど訪れておりますが、秘仏ご本尊の釈迦如来さまはこれまでお目にかかったことなし。まだ前回訪問時は、十大弟子のうち5人が外出中でした。
 ということで今回は、秘仏ご本尊の釈迦如来さまと、勢揃いした十大弟子がお目当て。また、それぞれの後ろ側も見れるのが楽しみです。

 まずは釈迦如来坐像。一見して煌びやかさと気品に目を奪われます。丸くて張りのあるお顔。切れ長の目は釣りあがり、見開いた目は前方を鋭く見つめております。口元もややへの字で筋肉が緊張しております。威厳のある気迫のこもったお顔です。でも、斜め横から見ると、鼻筋が高く、 口元が引き締まっていて、なかなかの美男子です。
 全体のお姿はプロポーションが取れております。肉体の表現も、慶派のリアルな表現を踏まえた上で、適度に様式化した感じ。
 印相は施無畏与願印ですが、上げた右手は指を少し外側に傾け、下げた右手も小指に行くほど指をそらして、小指側をやや下げるなど、微妙な表情と柔らかさがあります。
 衣紋も、お腹のあたりで垂れ下がったところや左の腕の部分、両足など、力強く流麗で、服の素材感まで感じられ、とても印象的です。
 快慶の弟子である行快の手により、13世紀に作られたものとのこと。台座や光背も造像当時のものが残っているそうです。
 素晴らしい仏様を拝むことができました。

 今回は十大弟子が勢ぞろい。しかも、背後に回り込んで観ることができます。肩甲骨のあたりの表現や、衣の背中側が見れて興味深かったです。また横から見ると、ややパーキンソン的な姿勢の人もいれば、ぐっと背筋を伸ばした人もいて、よく観察していると思いました。
 大報恩寺のパンフレットでは、目犍連と優婆離の2躯が快慶作となっていた気がしますが、今回の展覧会では10人全員が快慶作となっておりました。図録にそこらの解説があったのかもしれませんが、ちとお高くて手が出ませんでした。10人全員が快慶工房の作ということは共通認識だと思うのですが、そのなかで目犍連のみを快慶作とする根拠がないということかもしれません。

 また定慶作の六観音菩薩像は、何度見ても素晴らしい。こんかいは、お顔やプロポーションを見比べたりしてみました。お顔では、如意輪観音さまや准胝観音さまが素晴らしく、プロポーションは聖観音さまがスマートでした。

 なぜかお寺の創建以前に作られたという平安時代の千手観音さまは、ひらべったいお顔、はれぼったい目、翻波式の右衛門など、古風な出で立ち。威風堂々と立ち並ぶ鎌倉の仏像群のなか、お優しいお姿にほっとできました。

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」

東京国立博物館 2018年10月2日(火) ~ 2018年12月9日(日)

東京国立博物館のサイト
東京国立博物館公式ブログ
展覧会公式サイト
出品目録(pdf, 651.7K)


仏像の出品作

1 重文 釈迦如来坐像 行快作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺

2 重文 十大弟子立像
2-1 重文 舎利弗立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
2-2 重文 目犍連立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
2-3 重文 大迦葉立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
2-4 重文 須菩提立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
2-5 重文 富楼那立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
2-6 重文 迦旃延立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
2-7 重文 阿那律立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
2-8 重文 優婆離立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
2-9 重文 羅睺羅立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
2-10 重文 阿難陀立像 快慶作 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺

4-1 天王立像 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
4-2 羅刹立像 その一 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
4-3 羅刹立像 その二 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
4-4 羅刹立像 その三 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
4-5 羅刹立像 その四 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
4-6 羅刹立像 その五 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺
5 重文 誕生釈迦仏立像 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺

6 重文 六観音菩薩像
6-1 重文 聖観音菩薩立像 肥後定慶作 1軀 鎌倉時代・貞応3年(1224) 京都・大報恩寺
6-2 重文 千手観音菩薩立像 肥後定慶作 1軀 鎌倉時代・貞応3年(1224) 京都・大報恩寺
6-3 重文 馬頭観音菩薩立像 肥後定慶作 1軀 鎌倉時代・貞応3年(1224) 京都・大報恩寺
6-4 重文 十一面観音菩薩立像 肥後定慶作 1軀 鎌倉時代・貞応3年(1224) 京都・大報恩寺
6-5 重文 准胝観音菩薩立像 肥後定慶作 1軀 鎌倉時代・貞応3年(1224) 京都・大報恩寺
6-6 重文 如意輪観音菩薩坐像 肥後定慶作 1軀 鎌倉時代・貞応3年(1224) 京都・大報恩寺
7 重文 六観音菩薩像像内納入文書 8巻のうち
7-1 重文 准胝陀羅尼経 1巻 鎌倉時代・貞応3年(1224) 京都・大報恩寺 (後期に巻替あり)
7-2 重文 馬頭念誦儀軌 下巻 1巻 鎌倉時代・貞応3年(1224) 京都・大報恩寺 (後期に巻替あり)
7-3 重文 如意心陀羅尼呪経 1巻 鎌倉時代・貞応3年(1224) 京都・大報恩寺 (後期に巻替あり)
8 地蔵菩薩立像 1軀 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺

16 重文 傅大士坐像および二童子立像
16-1 重文 傅大士坐像 院隆作 1軀 室町時代・応永25年(1418) 京都・大報恩寺
16-2 重文 普建立像 院隆作 1軀 室町時代・応永25年(1418) 京都・大報恩寺
16-3 重文 普成立像 院隆作 1軀 室町時代・応永25年(1418) 京都・大報恩寺
17 重文 千手観音菩薩立像 1軀 平安時代・10世紀 京都・大報恩寺

|

« 【仏像】エジプトの石像のような千手観音 「東寺の如来・祖師像」東寺宝物館 | トップページ | 【仏像】ふだんは拝めない仏様がいっぱい 「至宝展」比叡山延暦寺国宝展 »

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/67406317

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」東京国立博物館:

« 【仏像】エジプトの石像のような千手観音 「東寺の如来・祖師像」東寺宝物館 | トップページ | 【仏像】ふだんは拝めない仏様がいっぱい 「至宝展」比叡山延暦寺国宝展 »