« 【仏像】「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」サントリー美術館 | トップページ

2018/12/31

【仏像】5年に1度ご開帳の秘仏・薬師三尊ご開帳 大善寺(山梨県勝沼町)

Img_0731

 今年の10月、以前に訪れたことがある勝沼の大善寺(【仏像】重文の日光・月光菩薩と十二神将 ぶどう寺大善寺@山梨県勝沼町)で、秘仏薬師三尊の特別公開が行われたので、行って来ました。
 この仏さまは、5年に一度しかご開帳されませんが、今年はそれに加えて、大善寺の開山1300年にあたるんだそうです。

【寺院名】真言宗智山派 柏尾山 大善寺(ぶどう寺)
【公式サイト】・http://katsunuma.ne.jp/~daizenji/
【住所】山梨県甲州市勝沼町勝沼3559
【拝観日】2018年10月3日
【拝観】基本的に毎日可(時間は変わります)。拝観料500円(ご開帳時も同額でした)。駐車場有り。
【仏像】
薬師三尊像 (初) 写真
  薬師如来像(葡萄薬師) サクラ 一木造 像高86.7cm 平安時代 重要文化財
  日光菩薩立像 サクラ 一木造 像高102.6cm 平安時代 重要文化財
  月光菩薩立像 サクラ 一木造 像高101.8cm 平安時代 重要文化財

十二神将立像 檜一木造・寄木造 像高138.2〜145.9cm 鎌倉時代 重要文化財
日光菩薩立像・月光菩薩立像 檜寄木造・玉眼 像高248.0/247.0cm 鎌倉時代 重要文化財


 
 こんかいはご開帳ということで、平日だというのに、なかなかの賑わい。受付や案内など、地元の人たちも多く参加している感じでした。

 さて、本尊の薬師三尊さまは、今回はじめて拝観できました。

 中尊の薬師如来さまは、像高90cm弱で、等身大よりやや小柄な印象。顔も大きめで、胸やお腹も肉付きが良く、座椅子にもたれかかるような、ゆったりした姿勢です。お顔はふっくらとしていて、やや面長で、顎は小さめ。目は切れ長で釣り上ってます。左手には葡萄を持っています。右手は与願印だと思うのですが、内側に親指があるかのようで、ちょっと造形が乱れてます。後年の補修によるのかもしれません。

 日光・月光菩薩は、胸や、腿から下の肉付きが良く、お腹もぷっくりしてます。目は細くて、まぶたはやはり腫れぼったいです。それぞれ内側の脚の膝を、少し曲げています。衣紋は翻波式。普通とは反対に、月光菩薩の方がつり目で厳しい表情をしており、日光菩薩の方が柔らかいお顔です。

 全体として、優しさと荘厳さを兼ね備えており、都風の洗練されたものではありませんが、平安時代の地方仏として存在感のある仏さまだと思いました。勝沼にあって、ぶどうを持っているというのが素晴らしいですね。


 前回も拝観した十二神将、キャラは立ってるけど、ポーズなど躍動感にはちと欠けます。
 大きな日光・月光菩薩。寄り目であることがわかりました。

|

« 【仏像】「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」サントリー美術館 | トップページ

思想・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74997/67527570

この記事へのトラックバック一覧です: 【仏像】5年に1度ご開帳の秘仏・薬師三尊ご開帳 大善寺(山梨県勝沼町):

« 【仏像】「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」サントリー美術館 | トップページ