« 【蕎麦】力強い香りと繊細な細打ち・石心(栃木県那須塩原市) | トップページ | 【温泉】落ち着いた雰囲気の秘湯・高湯温泉 旅館ひげの家(福島県福島市)(★★★★) »

2019/02/21

【温泉】銘木をふんだんにつかった立派な秘湯 湯西川温泉 平の高房(栃木県)(★★★★)

Img_1838

 2月中旬、ぽん太とにゃん子は、平家の落人伝説で有名な、栃木県は湯西川温泉の「平の高房」(たいらのたかふさ)に泊まってきました。

 山深い湯西川温泉のなかでも奥の方に位置する宿。けっこう大きな宿です。建物はどちらかというと新しい感じですが(それでも何十年か経ってるか?)、立派な木材をふんだんに使っていて、重厚な感じがします。
 温泉はお肌すべすべのアルカリ泉。無色透明の柔らかいお湯です。もちろん源泉かけ流し。露天付きの男女別のお風呂に、入替制の露天風呂、貸切露天風呂があります。
 囲炉裏端でいただくお食事も美味しく、夕食後は語り部さんが民話を語ってくれる催しもあり、ちょうど開かれていたかまくら祭りへ送迎もしてくれます。
 今回は、1人1泊約1万円で、囲炉裏端の夕食と、貸切風呂が付き、秘湯の会のスタンプもオーケーというお得なプランだったので、コスパも抜群。
 素晴らしい宿ですが、ぽん太の好みからすると「鄙び度」が原点となり、評価は惜しくも4点!

★楽天トラベルからの予約は右のリンクをクリック!


Img_1863
 広々とした玄関。立派な木造の階段を上ったところが、フロントとロビーになります。

Img_1864
 フロント周りも天井が高く、広々とした空間を演出。木の梁と白い壁のコントラストが美しいです。栃木特産の大谷石も効果的に使われております。あまり「秘湯」という感じはなく、格式ある立派な旅館です。

Img_1866
 客室の廊下は、石畳と玉砂利が効果的。向かって左には中二階の部屋が並んでおり、廊下を支える柱の列が美しいです。新家材ではなく無垢の材木を使っているので、時代を経るにしたがって美しさが増してくることでしょう。
 建物の多くは、昭和50年代に建てられたそうです。

 湯西川温泉といえば、うん十年前は、川沿いの細い道をうねうねと走ってようやくたどり着く、まさに「隠れ里」でしたが、平成24年(2012)の湯西側ダム完成に伴って立派な片側一車線の道路が通りました。便利にはなりましたが「秘境」感は薄れてしまいました。交通がよくなったせいで、日帰りの客が増え、逆に宿泊客が減少したという問題もあるそうです。昔ながらの建物もどんどん減っており、山奥の普通の温泉地になってしまわないかと心配です。
 そういえば昔、ちょんまげを結った宿の主人がいたけど、どうなったのかしら。ぐぐってみると、「小藤やかた」という宿だったらしいが、ご主人が亡くなって廃業し、建物も取り壊されたらしい。うん十年前に来た時、宿の前を掃除している姿を見た記憶があります。

Img_1842
 こちらが今回泊まったお部屋。民芸調ですね。ちょっと狭いですけど、今回はお安いプランなので仕方ありません

Img_1844
 襖の模様がかわいいですね。

Img_1852
 温泉は、男女別の露天風呂付き内湯、男女入れ替えの露天風呂、貸切風呂があります。
 上の写真は貸切風呂。宿の玄関を出て向かい側の建物にあります。開放感はあまりありませんが、この時期、雪が積もった山を眺めながらの入浴は格別です。
 お湯は無色透明で、お肌すべすべのアルカリ泉。もちろん源泉掛け流しです。

Img_1849
 何種類かの温泉分析書が掲示しているのですが、どれも源泉名は「平の高房源泉」になっているので、時期の違いによるものか?
 pHは8.3の弱アルカリ、泉温は56.6度と高温、泉質は単純温泉です。

Img_1882
 こちらは男女入替制の露天風呂です。
 内湯は、一人になるタイミングがなかったので、写真は撮れませんでした。

Img_1893
 夕食は、囲炉裏のある広間でいただきます。

Img_1867
 竹のヘラで焼いているのが、湯西川名物の「一升べら」というお料理。ウズラを骨ごと叩いて味噌で練ったものだそうで、これ一つでお酒を一升飲めるというのが名前の由来だそうです。
 丸いお餅は「ばんだい餅」。これまた湯西川名物です。もち米ではなく普通のお米を使っており、エゴマのタレが塗ってあります。

Img_1869
 そのほかのお料理です。この他に炊き合わせ、お食事(日光こしひかり)とデザートが来ますが、写真は省略。お料理ちょっと少なめのプランですが、ぽん太とにゃん子は十分満足。

Img_1872
 こちらが本日のメニューです。湯西川といえばサンショウウオかと思ってましたが、こんかいはありませんでした。

Img_1873
 お酒は三種飲み比べをいただきました。

Img_1896
 夕食後は、ホールで行われた語り部の会に参加しました。湯西川のお母さん(といってもぽん太よりは全然若い人)が、民話を三つほど語ってくれました。最初の話は寿限無みたいなので、次は「手打ちにしようか半殺しにしようか」という話。最後のは旅のお坊さんを泊めてあげた貧しい老夫婦は不思議なこなによって若返り、宿泊を断った金持ち夫婦は猿にされるという、桃太郎と花咲か爺さんを混ぜたようなお話でした。
 そのあと、かまくら祭りへの送迎もありましたが、ぽん太とにゃん子は寒いのでパス。

Img_1895
 朝食も、小鉢がいろいろ並んで美味しかったです。

|

« 【蕎麦】力強い香りと繊細な細打ち・石心(栃木県那須塩原市) | トップページ | 【温泉】落ち着いた雰囲気の秘湯・高湯温泉 旅館ひげの家(福島県福島市)(★★★★) »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【温泉】銘木をふんだんにつかった立派な秘湯 湯西川温泉 平の高房(栃木県)(★★★★):

« 【蕎麦】力強い香りと繊細な細打ち・石心(栃木県那須塩原市) | トップページ | 【温泉】落ち着いた雰囲気の秘湯・高湯温泉 旅館ひげの家(福島県福島市)(★★★★) »