« 【山菜・温泉】山菜採り体験プランは楽しくて美味しい! 六日町温泉いろりあん(新潟県南魚沼市) | トップページ | 【歌舞伎】犬ぞりが見どころ!三谷幸喜の「風雲児たち」は2019年6月歌舞伎座夜の部 »

2019/06/12

【温泉】こんなところに秘湯中の秘湯が!赤滝鉱泉@栃木県矢板市(★★★★★)付:八方台のレンゲツツジ

Img_2737

 那須温泉や塩原温泉で知られた那須塩原市の南に位置する矢板市は、ともすれば素通りしてしまいがいちですが、どっこい個性的ないくつかの鉱泉宿があります。こんかいは、以前に泊まった小滝鉱泉(【温泉】東京から車で2時間で秘湯の味わい・小滝鉱泉(★★★★))の近くにある、赤滝鉱泉にお世話になりました。宿泊日は6月上旬です。
 この宿、ホームページはありませんので、じゃらんのページにリンクしておきます。電話番号は、こちらを参照してください。宿泊料は7~8千円だったかな?

 矢板インターから車で約30分。宿手前に「この先4WD以外進入禁止」の看板がありますが、ぽん太の車は一応4WDなので、柵をどかして突っ込みました。急なジグザグ道で、カーブでは切り返しも必要でした。4WD以外の車の人は、この坂を3分ほど歩いてくだらなくてはいけません。

 Img_2732

 入り口の上に掲げられた案内板。享保年間に発見されて近在の人が利用しておりましたが、次第に湯治に来る人が増えたため宿泊所が作られました。明治になって旅館法が制定されるにあたり、赤滝鉱泉として登録されたそうです。とうことで建物の一部(冒頭の写真に写っている、正面と右の建物)は、元々は江戸末期のものだそうです。
 何棟かの建物があって、部屋数も多いようで、昔は結構な賑わいだったことが想像できます。
 現在は普段は老夫婦が住んでいて、客の予約が入ると娘さんが手伝いにくるようです。

Img_2701

 猫ちゃんがおりました。ここがお気に入りの場所のようです。

Img_2693

 喧嘩して猫パンチをくらったのか、右目の上に傷があります。

Img_2700

 おどおどしたワンちゃんもおります。

Img_2705

 時代劇にでも出てきそうな階段と廊下です。

Img_2704

 昔の湯治用の台所でしょうか。現在は洗面所と物置として使われております。

Img_2706

 窓側の廊下にそって障子が並ぶ、昔ながらの作りの建物です。

Img_2695

 こちらが今回泊まったお部屋。江戸時代までは遡りませんが、かなり古い建物だそうです。天井が低く、鴨居から上の高さがほとんどありません。床の間に、ちゃんと書院窓も付いてますね。床柱もなかなか立派です。
 畳や障子は新しくなっていて、汚い感じはまったくありません。正面の壁も、新しく張り替えられています。

Img_2717

 現代アートを思わせる蛍光灯のヒモ。緑のリボンや麻縄が結び付けられ、一番下に5円玉が付いています。昔の下宿によくあった? でも、5円玉はつけなかったよね。

Img_2698

 お隣の部屋に、すでに布団が敷かれておりました。
 浴衣が見当たらなかったのですが、帯だけあったので聞いて見たところ、出してくれました。そのあとタオルがないのに気がつきましたが、また言いに行くのも気が引けたので、持ち合わせを使いました(前日泊まった宿から持ってきたやつ)。
 テレビはありますが、昔懐かしい100円入れるタイプ。携帯は通じません。ワイファイはルータが置いてあったので、パスワードを聞いたら押してくれるのかもしれません。ぽん太とにゃん子は、テレビなし、携帯ワイファイなしの一夜を過ごしました。近頃はやりのデジタルデトックスですな。

Img_2713

 こちらが浴室です。鉱泉の雰囲気たっぷりの小さな浴槽。定員1名。カランからお湯は出ず、もちろんシャワーもありません。小さな固形石鹸があるだけなので、シャンプー等も持参したほうがいいでしょう。

Img_2715

 奥の赤いバルブを開くと、源泉が出てきます。源泉は無色透明で、ちょっと酸っぱいですが、硫黄味はまったくありません。浴槽にたまっているお湯は、鉄色の薄濁りになってます。

Img_2703

 温泉分析書です。泉質は、単純酸性・鉄冷鉱泉。Ph3.2と酸性ですが、硫黄臭がまったくないのが珍しいですね。また、ぽん太は鉄味はあまり感じませんでした。泉温は13.2度です。

Img_2725

 加熱方式は「マキ」です。熱めに沸かしてくれるので、源泉でうめて入ります。ということで、言ってみれば源泉掛け流しですね〜。温泉力はあると思います。

Img_2716

 風呂から出たら、ビールを飲んで夕食を待ちます。おつまみは柿ピー。でっかい栓抜きが、なんか懐かしいですね。

Img_2719

 夕食です。肉じゃが、天ぷら、お造り、ワラビ、ごま豆腐など。宿の娘さんの手作りの、家庭料理です。あと、ご飯がとっても美味しいです。
Img_2727

 こちらが朝食です。シャケがふっくらしていて美味しかったです。

 

Img_2667

 宿からほど近くにある八方台のツツジを見に行きました。こちらの開花情報が見やすいです。

Img_2681

大間々駐車場のあたりでレンゲツツジが満開でした。小間々のトウゴクミツバツツジの大木は、完全に散っておりました。

|

« 【山菜・温泉】山菜採り体験プランは楽しくて美味しい! 六日町温泉いろりあん(新潟県南魚沼市) | トップページ | 【歌舞伎】犬ぞりが見どころ!三谷幸喜の「風雲児たち」は2019年6月歌舞伎座夜の部 »

旅・宿・温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【山菜・温泉】山菜採り体験プランは楽しくて美味しい! 六日町温泉いろりあん(新潟県南魚沼市) | トップページ | 【歌舞伎】犬ぞりが見どころ!三谷幸喜の「風雲児たち」は2019年6月歌舞伎座夜の部 »