« 【鉄道模型】青梅電気鉄道1号形電気機関車・その1(1/80、16番) | トップページ

2021/01/03

【鉄道模型】青梅電気鉄道1号形電気機関車・その2(1/80、16番)

 ということで、青梅電気鉄道1号形電気機関車(正確には2号形)の3番機、1929年(昭和4)5月から1940年代初めに1013に改番されるまでの間の姿を、模型化することにしました。しかし技術や気力の関係で断念したところや、よくわからずに推測で作ったところなどがあるのはご容赦を。

Img_5317
 下廻りで一番悩んだのは、砂箱と、デッキの梯子。
 砂箱は逆おむすび形のものがついていたようですが、探してみてもそのようなパーツはなし。ダイカストの台車と一体に成形された砂箱を削り取り、新たな砂箱を真鍮ブロックから削り出して取り付けるのは、ちょっと気持ちが萎えてしまって、そのままにしました。砂撒管は、適当なパーツを取り付けました。
 キットにはデッキの梯子がついておりましたが、これは1955年の写真にはなく、1956年のED36の写真で初めて現れるもの。そこで写真を見ながら、真鍮アングルからステオップを自作し、デッキ側面、砂箱の上のところにとりつけました。これで少し古風な感じになりました。
 車体前部の下部にある小エアタンクは、まるで救助犬セントバーナードの首の樽みたいな、可愛らしいパーツ。本来は床板に固定されているもので、キットでもそうなっておりますが、急カーブ対策として取り外せるようになっております。しかし走らせるたびに取り外すのはめんどくさいので、思い切って台車に固定する構造にしました。邪道と言えば邪道ですが、そもそも1/80で16.5mmゲージというところに問題があるわけですから、どこかにしわ寄せが行くのは仕方ありません。
 カプラーはIMONカプラー(HO109)。側面のエアタンクにはパイピングを施しました。小さいけど付けると細密に見える空気溜ドレンコックは、形が似ているエコーモデル(1221)のパーツ。
 下廻りを組み立てて試運転したところ、ガタガタと引っ掛かってうまく走りません。調べてみると、パワートラックの車軸についているギアーが劣化して割れてました。キットを買ったのが30年くらい前なので仕方ないか。新たに購入しようと思ったのですが、この天賞堂製のパワートラックは、すでに新しい製品に更新されています。ネットで模型店の在庫を調べまくり、神戸市の鉄道模型店に在庫があるのをようやく見つけて、送ってもらいました。
 
Img_5322

 上回りに行って、側板はほぼキット通り。

 妻板ですが、ドア横の小窓は国鉄のED36になってから開けられたもののようです。しかしそれに気づいたのは工作がかなりすすんでから。そこから真鍮板で塞ごうとすると、全てがバラバラになりそうだったので、後の祭りということで諦めました。

 下部左右にある吊りかけ式(?)のテールライト は、輸入当時の写真を見ると、埋め込み式のフラットなライトになっているようです。パーツをいろいろ探し、Nゲージ用の「湘南形ヘッドライト(100Wタイプ)P210」(BONA FIDE PRODUCT製)を利用。

 昔のワイパーはどうなっているのかと、写真を目を凝らして見つめたのですが、なんか写ってません。ひょっとして昔ってワイパーがなかったのかな。そういえば蒸気機関車はワイパーないし(雪国では旋回窓があるけど)。

 そこでワイパーの歴史を調べてみると(進化していないようで進化している?ワイパーの歴史https://car-me.jp › articles )、自動車の世界で1903年に初めて手動式ワイパーが発明されました。手動ワイパーが初めて標準装備されたのがキャデラックで、1922年のこと。同年にTri-Continental Corporationがエンジンの動力を利用した真空式ワイパーを開発しましたが、エンジンの回転数によって速度が変わり、エンジンが止まるとワイパーも止まってしまうという不便なものでした。電動式ワイパーは、1926年にBOSCHが初めて開発したそうです。

 とすると、1920年代末に作られた青梅電気鉄道1号形には、やはりワイパーはなかったかも。蒸気機関車と同じように、視界が悪い時は側面の窓から顔を出して前方を確認していたのでしょう。

 ということでワイパーはつけないことに決定。後年に加えられた手すりも取り付けず、取り付け用の穴をハンダで塞ぎました。

Img_5323
 屋上に目を向けると、まず大きなパンタが目につきます。いろいろ探してみると、安達製作所のEE型パンタグラフ(No.016)(現在は品切れ)というのが見つかりました。横向きの碍子のかたちまでぴったりです。関節部の左右を結んでいる棒は切除しました。
 ED36やE41では、屋根上の片側に並んだベンチレーターや、ランボードが目を引きますが、輸入当初は無かったようです。代わり、高圧引き込み線を支える碍子がずらりと並んでいたようです。上から撮った写真がなく、側面からの解像度の悪い写真しかないので細部がわからりません。ここは想像でそられしく作ってみました。本当にこんなになってるかどうかわかりませんが。
 タイフォンも思わず目を引く可愛らしいアイテム。アルモデルのタイフォン(C3039)を加工して、大小2つが並んだ姿を再現しましたが、なかなかいい感じです。二つのタイフォンの音がハモって鳴るのが聞こえてきそうです。
 運転席と機械室を分ける壁を、真鍮板で作成。この電気機関車の貫通路は、左右非対称で片側に寄っているので、壁のドアの位置も非対称になっております。資料集めをしているときに、青梅市立図書館で見つけた本に1号形電気機関車の組み立て図があって、車内の平面図も収録されてましおた。写真を保存しておいたのですが、残念ながら書名がわからなくなってしまいました。
 運転台イス(エコーモデル、No.1693)、電車用運転台(旧型用)(エコーモデル、No.1685)を取り付け、片側に機関士人形(KATO, 6-511)を座らせました。
 

Img_5325_20210102160201

 実は一番苦労したのが青梅電気鉄道のマーク。「青梅」ということで、梅の花の形をした可愛いマークです。もちろん模型用パーツがあるはずもなく、𝝓1.0mm の真鍮パイプを整形しながら6個組み合わせ、レンコン状にしたものを薄切りして作成しました。色は、白黒写真しかないのでわかりません。熟す前の「青梅」の色は、黄緑っぽい色です。また江戸時代に青梅で作られていた染物「青梅縞」の色は藍色で、現在の青梅市でも濃い青色をOme Blueと名付けて観光プロモーションしているようです(Ome Blue(青梅ブルー)公式ホームページhttps://omeblue.tokyo )。どこかに問い合わせればわかるのかもしれませんが、ここは自由に作ることにして、梅の花をイメージしたピンクにしてみました。

 塗装は、輸入当時の色はわかりませんが、ピンクで遊んだ分ここは常識的に、上回りがぶどう色1号、下廻りが黒としました。久々にエアブラシを使ったら、劣化したチューブから油滴のようなものが出てきて、塗装面が荒れてしまいました。シンナーのバケツにドボンして塗り直す気力もなく、「まあいいや」ですませました。

 例によって最後にタミヤのウエザリングマスターで、錆や埃を控えめにウエザリング。

 ナンバープレートは、本物はやや横に長い楕円形をしているようですが、円形のパーツしか見つからなかったので、それを利用しました(ナンバープレート セット2(C3005)アルモデル)。地の色は黒ではつまらないので、ピンクとの相性から青色にしてみました。ちょっとヨーロッパぽくなったかも。

Img_5320

 車体下部の台枠に、それらしい検査表記のインレタ を貼りました。その横の「青梅電氣鐵道」の表記は、デカールを特注するほどの元気はなかったので、エーワンのデカールシール(品番81023)を初めて使ってみました。字体は古風な雰囲気を出すために教科書体を使用。社名表記がいつまで旧字体で、いつから新字体になったのか、これもググってみたけどよくわかりません。写真からも、解像度が悪くて読み取れず。古めかしさを出すために旧字体を採用しました。このデカールシールは、染料インクのプリンタ用に作られており、うちのプリンタは黒だけ顔料なのですが、なんとかなりました。白地のシールに、ブドウ色1号で白抜き文字を印刷して作ったので、よく見ると長方形にテカっておりますが、肉眼ではそんなに目立たず、いい感じの仕上がりです。

 台枠の反対側にはイングリッシュ・エレクトリック社の長方形の銘板が、そして車体側面には円形のDick Kerr社の銘板があります[a]。市販のパーツは、イギリスの模型屋さんもググってみたのですが見つからず。ならばとプリンタでそれらしいものを印刷して作ろうとしましたが、解像度が悪くて使い物にならず。エッチング特注までする気はないし。ちょっと似ている東芝の円形の銘板を貼ろうかとも思いましたが、これはこの機関車の表札というか、名刺というか、顔みたいなものなので、インチキするよりは、無しを選びました。そのうち手に入ったら貼り付けたいと思います。

 

 

[1] 「私鉄買収電機の系譜〈下〉 (RM library (4))」 ネコ・パブリッシング 1999年

[2] 「電気機関車展望 1」久保田敏、日高冬比古著、交友社、1976年

 ネット上では、

[a] 東武鉄道の電気機関車 - Gゲージ鉄道模型・風雅松本亭:ED36と同形な、東武博物館に保存された東武ED101型の写真。

|

« 【鉄道模型】青梅電気鉄道1号形電気機関車・その1(1/80、16番) | トップページ

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【鉄道模型】青梅電気鉄道1号形電気機関車・その1(1/80、16番) | トップページ